高校の合格者説明会で、教育委員会からプリントが配布されました。
発達障害についての法律?が、変わったそうです。
そのプリントには、発達障害と診断されている子はもちろん、
子育てに苦労している(指示がなかなか通らないとか、一度に二つのことができないとか)
親に対しても、それは発達障害かもしれないので、相談してください。
と、書かれていました。

高校にトットのADHDを伝えるのは迷っていましたが、
そのプリントを読んで、伝えることに決めた私たち夫婦は
入学式後に担任に時間を取ってもらい、担任・私・パパ・トットの4人で
今までの話を1時間ほどしました。

生い立ちからADHD診断。私立退学を話しました。
担任はメモを取りながら聞いてくれました。
(亡くなった主治医のことを知っていました。有名な医師でしたが
知っている先生に出会ったのは初めてです。)

高校生活で困る事として、以下のことを伝えました。
☆板書ができない。
☆忘れ物が多い。
☆うっかりミスが多い
☆宿題を生まれてこの方、自分でやったことがない
(母が監視する。一緒に計画する。一日中宿題と言い続けるとできます)
☆不器用が際立つという診断←運動もできない
☆周りの空気を読めるようになったが、女子クラスということで、
空気を読むことに神経をとがらせているので、クラスに慣れるのに時間がかかるし疲れやすい。


担任に対して、トットが信頼を寄せたのは、宿泊研修でした。
集団行動という種目を練習しているときに、トットの横にぴったりと
くっついて、教えてくれたそうです。
トットは右と左がすぐに理解できません。
「右向け右!」「斜め左に歩く」とか。頭の中がパニックになります。
担任が横で「右」「左」と、言って方向を支持してくれるので
集団行動も、なんとか皆について行けたそうです。

保護者会で担任とお会いしました。
会の終了後、話す機会がありました。
担任は宿泊研修でトットがとても頑張っていたことを話してくれました。
トットの日頃の生活を教えてくれました。

「クラスの中では浮いていません。
板書は集中してノートに書いています。きちんと書いています。
入学式後に、学年の先生には、宿題は提出しないかもしれないと伝えていますが、
宿題は未提出なしです。クラスでは、ちょうど真ん中あたりの提出状況です。
早くもなく。遅くれることもなく提出できています。」

「お母さんが話していた、今までのトットちゃんとは違って
ちゃんとできています。できているということは
トットちゃんがとても努力していると私は思います」
と、おっしゃってくれました。
そして、トットは頑張っていると何度も褒めてくれました。

今まで、トットが「周りに劣らずこなせる」と、

「お母さんが心配することないですよ。トットちゃんは、普通にできる子です。」
と、言われることはありました。
それなのに、前の私立ではトラブルがあると凸凹を指摘されました。
でも。トットが劣らず周りについていけてることを
「トットちゃんの努力」と言われたことは、初めてでした。

「家では、皆に八つ当たりして大変なんです。軽く殺意がわくこともあります。」
と、私が言うと

「あぁ。よかった。こんなに頑張っていて、いったいどこで
息を抜いているのか心配だったんです。
どこかで爆発しちゃうかもって心配だったんです。
お母さん。秋の風が吹くころには生活リズムのコツもつかめますから、
家での八つ当たりは右から左に流してください。」
と、先生は安心したように話してくれました。
私も、先生の話を聞いてホッとしました。
学校で頑張っているなら、家での悪態は少し目をつぶってあげようって。

トットにこの話をしたら、喜んでいるようでした。
認めてもらえて褒めてもらえるって嬉しいんでしょうね。
中間テスト。理系を目指すトットとしては、思うような点数が取れなかったのですが、
なんと、担任が担当している古典は、満点に一歩届かずでしたが、
クラスで一番だったそうです。
国語が苦手なトットですが、理解ある担任の先生の担当分野なので、頑張ったのでしょうね。

転校先の中学でも担任に恵まれましたが、高校のスタートも。理解ある担任に恵まれました。
担任の理解があるかないかで、子どもだけでなく、親も学校に対する信頼が変わってきます。
とりあえず。一年は安心してお任せできそうです。

ご訪問ありがとうございました。m(_ _)m